漢字漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。

漢字漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。
漢字漢和辞典で、語源を調べると漢字の意味、書き順も理解できます。漢字検定も最近やる人が増えています。インターネットで、気軽に語源を調べるのもいいですね。勿論電子辞書も便利です。
powerd by 楽市360
和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

漢字検定 合格基準【漢和漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。】

合格基準

1級、準1級 - 200点満点・80%以上の正解

2級 - 200点満点・80%程度の正解

準2級、3級、4級、5級、6級、7級 - 200点満点・70%程度の正解

8級、9級、10級 - 150点満点・80%程度の正解

2級の場合のみ、合格基準に達していない場合でも合格として

扱われる事がある。1級と準1級の場合は、

合格基準を1点でも下回っていた場合は不合格となる。

漢検CBT
パソコンを使って受検する、漢検CBTというコンピューターテストが

実施されている。

自己の都合に合わせて受検でき、

また結果の通知が早いというメリットがあるものの、

コンピューターに不慣れな者には難しく感じるだろう。

以下にその概要を解説する。

受検可能な級は2級~7級。

受検日は月に1回~毎日。受検会場によって異なる。

事前予約制で定員がある。

解答には、漢字の読みの問題はキーボードを、

漢字の書き取り問題はペンタブレットを用いる。

出題範囲や内容、難易度、合格基準は通常の漢字検定の

同級のものと同等とされる。

合格者は、通常の漢字検定と同じ認定が得られる。

(漢検CBT2級合格者は、漢検2級合格扱いになる。)

ウイキペディアより引用

続きを読む

スポンサーサイト

日本漢字能力検定 【漢和漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。】


以下は2006年現在のもの


受検級
以下のレベル・括弧内の字数は、日本漢字能力検定協会が公表している各級の目安である。

1級 - 大学生・社会人レベル(JIS第1・第2水準を目安とする約6000字)
準1級 - 大学生・社会人レベル(JIS第1水準を目安とする約3000字)
2級 - 高校卒業レベル(常用漢字、人名用漢字2229字)
準2級 - 高校在学レベル(常用漢字1945字)
3級 - 中学卒業レベル(常用漢字1608字)
4級 - 中学在学レベル(常用漢字1322字)
5級 - 小学6年生レベル(常用漢字1006字)
6級 - 小学5年生レベル(学習漢字825字)
7級 - 小学4年生レベル(学習漢字640字)
8級 - 小学3年生レベル(学習漢字440字)
9級 - 小学2年生レベル(学習漢字240字)
10級 - 小学1年生レベル(学習漢字80字、ひらがな・カタカナを含む)
1級・準1級受験志願者は、公開会場用願書が必要である。

なお、以前の児童漢検(初9級・初10級)相当分が現在は、

漢字検定9級・10級に編入されている。

実際は1級の場合、少しながらもJIS第3・第4水準も含んでおり、

第2水準の一部は含んでいない。2級の出題範囲の人名用漢字について

は、2004年(平成16年)9月27日より693字増えたが、

それ以前からの人名用漢字。


実施の概要

個人受検の場合、年3回(6月、10月、2月、いずれも日曜日)ある、

公開会場受検を利用すると良い。公開会場(準公開会場を含む)は、

日本全国の主要都市・約124ヶ所と海外約13ヶ所に設置される。

団体受検の場合、準会場や団体公開会場を利用する。

(中学生の受験の場合、受験者の中学校が準会場として

指定されている場合が多い)

団体受検の際、受検者数が100人以上になると

成績優秀者に団体内賞が授与される。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

続きを読む

漢字 検定 問題 【漢和漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。】

日本漢字能力検定


日本漢字能力検定(にほんかんじのうりょくけんてい)は、

財団法人日本漢字能力検定協会が実施する漢字の技能検定

一般に、漢字検定または漢検と呼ばれる。

1975年(昭和50年)開始。

1992年(平成4年)から文部省(現・文部科学省)の

認定の資格となったこと、

漢字検定を単位認定や入学優遇に使用する

高校・短大・大学が増えてきたことにより、

最近では広く知られるようになってきた。

また、漢字検定を重要視している企業もある。

2003年(平成15年)度には、約220万人が受検した。

級が上がるほど使用頻度の少ない漢字が出題されるため

準1級や1級のレベルでは、漢字検定(及び雑学)以外

使用例が非常に少ない漢字も出題される。

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

続きを読む

使いやすい漢和辞典【漢和漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。】

一番いいのは、小学校で使っているイラスト付きの

漢和辞書ですね。

大修館、三省堂、新明解、角川、旺文社、ベネッセ

新釈、新例解などいろいろと出版社によって、

個性がる漢和辞典がありますが、

それぞれ、引き方によって使いやすさが違います。

注意点としては、語源が明解に説明されているかと

いうところが大事ですね。

続きを読む

ネットで漢和辞典【漢和漢和辞典(辞書)・字典/無料オンラインで調べる。】

漢和辞典は、絵柄が付いた語源のものを使うと

簡単に意味がわかります。

分厚い、広辞苑級の辞書も多々ありますが、

私は愛用しているのは、小学生向けの語源が、

絵で書いてあるものを使います。

web検索で、いろいろとみても、しっかりと

説明されているのがないのが残念ですね。

続きを読む

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
プロフィール

漢和辞典

Author:漢和辞典
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。